読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AppleWatchを活かしたい

ただそれだけ。

最近は完全にSuica端末になりきっているAppleWatch。
走っているときはRunkeeperの子機として十分に役立つが、日常生活では?

完全にFitbitが一枚上手。なぜかといえばバッテリーライフの関係から、睡眠中もつけていられる。
そうなると、睡眠時間のデータもFitbitに入るため、つけない訳にはいかなくなる。

そんな中、社内LTを行うという事があり、これはチャンスと実装をした。
家の近くのバス停に到着するバスの時間を、Webページから取得しWatchに表示するだけの機能。

実際にやってみるといろいろハマった。

ハマったこと

  • そもそもiOS / watch OSと複数のターゲットが存在する(CodeSigning)
  • table view とラベルの紐付け
  • watch OSのデバッグは(process を atach する必要がある)
  • Cocoa Pods を利用する場合は、xxx.xcodeproj -> xxx.xcworkspace を利用する
  • Httpクライアント(Alamofire)の利用方法
  • HTML parser(Kanna)の利用方法
  • 取得したいページがhttpなので、ATS無効
  • 実機で確認する為のXcode + iPhone + Apple Watchの設定というかデバッグする為の設定
  • Apple Watch のイベント(awake -> willActive -> didDiactive)

このあたりは細かくブログに書きたいが、今日はクリスマスという事で家族との時間に充てる。