スクラム現場ガイドを読んだ

2018年16冊目

なんか最近ペース落ちてた。

以前読んでたユースケース駆動開発を夏期休暇の間に読み直したりしてた。

ユースケースからロバストネスへのモデリングは慣れたら強力なモデリングの方法だと再認識。

 

スクラム現場ガイド、文字が多く結構読むのがタフだった。

 

2章

p60 情報を提供しよう

現在の状況が辛い状況であっても、ほとんどの人はそこから動こうとしない。もっといい方法があると本当に確信するまでは穴から出ようとしないもの。

あなたの役割は新しい提案をわかりやすく伝え、人々が考えを変えるまで辛抱強く待つだけだ。

結局のところ、あなたが自由自在に操れるのは自分自身だけだ。

変化に人々を巻き込むという苦労の多い仕事だが、元気を出していこう。

拒絶されるこたも多いだろう。ブレないでいこう。

ポジディブでいよう。強くあろう。こいつは大変なんだ。

 

3章 モデル

チームコンサルタントとコアチームメンバー

この役割分担は面白いし、マトリクスは必見

スクラムマスター、プロジェクトオーナー、開発コアチームの向いている人、利点欠点が記載されている。

 

p71

人数は重要

コンサルタントを含めても9人を超えると納期が伸びる研究あり

ラッキング、ドキュメント、デザインがしっかりしていれば人数の追加の影響を受けにくいと1999に出ている。スツィーブマコネルの論文

人月の神話では語られていない部分。

 

p182

ストーリーの粒度

ユーザーがやりたいと思うアクションの最小のもの、あるいはビジネス価値がある最小の機能

 

エポック、テーマ、ストーリー、タスクの粒度がわからなくなったら再度読もうと思う。

 

この本を読んだ一番の収穫は、コアチームとコンサルタントチームを別けるアイディア。

 

コアチームとは別に外部から支援してもらうコンサルタントチームを機能横断として持っておき、必要な際は支援してもらうと言う体制図は、現実として応用ができそう。

仕事が4倍速くなる世界標準のチーム戦術を読んだ

2018年15冊目スクラム

 

スクラムとは

リズムを大切にして、チーム全員が報告する責任を持つ進め方

 

スクラムラグビーボールでチームが協力してボールを運んで行く事

 

サザーランドの本ということで全体的にエモさはある。幸せという言葉が出てきたときはびっくりしたが、幸福度はベロシティに時間差で現れるというのは納得した。仕事とプライベートと分けるよりも同じとして考える方が自分には合う。

 

p24

意味のない仕事に人生を費やす人がいてはいけない

ビジネスとしてダメなだけでなく、その人の心をダメにしてしまう

人の心を扱うのは他の本ではなかった。

 

p26

アジャイル開発宣言

つぎの4点に価値を置く

プロセスやツールよりも個人との対話

包括的なドキュメントよりも動くソフトウェア

契約交渉よりも顧客との協調

そして計画に従うことよりも変化への対応

 

p37

この本の目的

人がもっとも効果的にベストな仕事をするための本質的な方法を探り、なぜ仕事の計画や見積もりがうまくいかないのか、残業が増えるとなぜプラジェクトはさらに遅れるのかといった事を明らかにして行く。

 

どの本にも出てくる原著論文

新たな新製品開発競争

The New New Product Development Game

 

p54

紙飛行機のワーク

サイクルを3回繰り返すとスピードは2倍から3倍 実は少なくとも2倍向上する

 

p58

仕事は喜びの表現であり、より高い目標に向かって進むべき。不可能ではない。ただそれには練習がいる。こういう考えはサザーランドだからなのか。とても人間的な側面から物事を進める印象を持つ。

 

p67

戦略としての最終目標を決めるのは経営陣の責任だが、どうやってその目標を達成するかを決めるのはチームの仕事

 

p83

スクラムマスターの発生理由

そして役割

各スプリントの最後に、

メンバー間のやりとり、業務、プラセスについてチームで見直す

プロジェクトの進め方で変えられるところはないか

仕事を進める上でどこが一番の難関だろう

この2点に答えが出せれば、チームのスピードは上がる

p116

マルチタスクのスピード変化は面白い

ワインバーグの著書

システム思考法 ソフトウェア文化を創るが参考に上がっているので読んでみたい

 

p135

自我消耗

何かを選択し決断する行為は消耗する 

 

p156

絶望的に見積もるのが苦手

相対サイズを使う

ドッグポイント

フィボナッチ数列

 

p175

ストーリー

エピック

クイックのスクラムマスターとして、スクラムの意義やり方を伝える必要がある。なぜならプロジェクトを動かすチーム自ら可視化し、課題を解決するチームを作るためだ。

INVESTの法則

ストーリーはこの基準に沿って進める

 

p197

振り返りで幸福度を測る

4つの質問は目から鱗

幸福度とベロシティは数週間遅れで同じ動きをする

p199

優れたチームを作る要素

これは必ず念頭に置きたい

主体性

スキルアップ

目的意識

具体的な表現として、

自分の運命を自分でコントロールできること

何かについて自分が上達しているという実感

そして自分よりも大きな何かに力を尽くしているという感覚

 

p291

スクラムはゴールを設定し、系統立てて、一歩一歩達成に近づいていく。さらに大事なのは何がゴールの達成を阻んでいるのかを見つけ出す点。

 

 

アジャイルな見積もりと計画作りを読んだ

2018年13冊目

 

スクラムを調べる中で多くの方々に参考にあげていたので読んでみた。

良書すぎて驚いた。

 

内容としては、いかにタスクベースでなくフィーチャベースで見積もりと現実を継続して進めていくかという話。

 

ついつい普段からタスクベースの見積もりをしているので目から鱗

リリースプラン、イテレーションプラン、デイリープランを元にチームのベロシティ(速度)を計測しながらリリース日を決めていく流れはチームに取り入れていきたい。

そもそも見積もりの不確実性をもっと意識しようと思った。理想予想工数とリリース日を一致させるのは不確実性を無視した勘でのリリースにしかすぎず、そりゃ遅れも出るわという印象。

 

経験と勘と度胸ベースの見積もりをやめ、チームの開発速度を可視化できる術を試していこうと思う。

そのためにはイテレーションベースの開発文化を作っていかないといけない。結局は文化チーム組織作りにつながる。

DevOpsにもつながる部分だ。

 

以下はきになる点のメモ

 

毎度出てくる不確実性のコーン

プロジェクト初期では60-160の誤差がある

20週の見積もりは12週から32週のズレがあるという事。モニタリングの重要性。

 

1章 計画の目的

良い計画とは?

リスクを軽減する

不確実性を減らす

意思決定を支援する

信頼を確立する

情報を伝達する

 

プロジェクトの成功とは?

予定通りの期間で予定通りの予算で、最初に定義した全てのフィーチャを満たしていること

 

ほんとに?

最初に定義したフィーチャが、価値に見合わない場合は失敗では?

では失敗とは?

作者は、最初に定義したアイディアより良いアイディアを最後まで誰も思いつかなかったプロジェクト。としている。

ただ最初の定義に入っていないからと却下されるのは、ユーザーにとって満足のいくプロダクトにはならないだろう。

 

積極的に変更したいと思える状況

これは、学習や過ちに気付いた時にしか起きない気持ち。

 

プロジェクト初期で全体を予測することを不可能とする立ち位置

その中でアジャイルな計画作りとは?

計画よりも計画作りを重視する

変化を促進する

計画そのものは容易に変更できる

プロジェクト全体に渡って繰り返される

 

作業の完了ではなく、フィーチャの提供をゴールとする

顧客には作業の完了はどうでも良い。

フィーチャを単位とすべき。

作業ベースだと、作業の抜けがないかを探す。実際は作業の抜けではなく、フィーチャの抜けに気を使わなければいけない。

 

パーキンソンの法則

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。

 

問題とゴール

見積もりがコミットメントになっている

 

アジャイルとしての考え方

変化への適応を優先する

ここがウォーターフォールとの大きな違いか。

より身軽に身動きの取れる手法を選択するならば、アジャイル、かっちりと変化が起きにくいとすればウォータフォールとする。

のようなチームの分け方は良いと思う。

 

ユーザーストーリーは要求を表現する手段。

ユーザー目線で機能の概要となる。

ユーザの種類として、機能や性能が欲しい。それはビジネス価値のためだ。というテンプレート。

例 本の購入者としてISBNで本を検索したい。それは

探している本を素早く探すためだ。

ストーリーカードはスタート地点に過ぎないので、それをベースにオーナーと要求仕様を話したりドキュメントにまとめたりする

 

10km競争と60分競争

この例えは面白い。60分競争では、ゴールが決まっていない。その期間でどこまで遠くまで走れるかを競う。

 

ストーリーボードのポイントと、スプリント期間によって、見積もりが出来るというのはとても腑に落ちた。これは皆に共有せねば。

 

4章

ストーリーポイントと理想日の話

どちらもベロシティで割れば結果が出る

 

第8章見積もりの技法

プロダクトオーナーはプランニングポーカーに参加する

プランニングポーカーには全エンジニアが参加する フロント、デザイナもそう

見積もりでは絶対的な制度は必要ない

 

8章

ストーリーポイントは純粋に大きさを表す

理想日ベースよりも見積もりが早い

 

理想日が違う問題。

誰がやるかわからないから理想日が違うならば技術の標準化、平均化が必要

 

14章

1ポイントのストーリーでも平均時間が異なる。錯覚しないように。

2ポイントよりも1ポイントのストーリーが大きいことはある。

 

イテレーション報告書

ペロシデイ平均値

ペロシデイの達成ストーリポイント内訳

次回イテレーションへのアクションプラン

 

そんなところか。

 

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK を読んだ

2018年12冊目

 

スクラム開発をチームで進めるにあたり起こりそうなストーリーが説明とイラスト漫画で解説するのでスラスラ読めた。今は2周目。

 

スポーツで言う戦術、フォーメーションとしてチームでプロジェクトを進めるノウハウを求めて読み始めた。短いスパンの振り返りを繰り返しながら、細かな修正をかけて行くスタイルは自分のチームとあっているように感じる。結局見積もっても実績との乖離を可視化するすべがなく、1日1日遅れが積み重なって行くのであれば、一つのスプリント毎に遅れや進みが見えるのであれば都度リカバーできる。

 

理解は容易で習得が難しいと言われるのはこのあたりだろう。なんとなく出来そうに感じてしまうが継続してやり続けるにはスクラムマスターのような人が慣れるまでは声を出していかないといけない。

慣れてきたらスクラムマスターが自身をクビにして自立、自律したチームが残る。これを繰り返していくと社内にスクラム文化が残る。こういう役割を担っていかなくてはと思った一冊。

 

読んでいて疑問に思った点。

解決したら追記していく予定。

1点目

要件をまとめたバックログの項目と、バックログからブレークダウンした、バックログタスクの予定工数がポイントや作業量での相対見積もりとなる。この時のポイント粒度をどうやって揃えるか。

同じポイントを使うのであれば、2時間単位の小さなポイントと、5人日のポイントの粒度を合わせる必要がある。

要件から作成したバックログタスクは1週間が望ましいようだが、ブレークダウンしたタスクは2時間1ポイントくらいの粒度で運用したい。

2点目

バックログタスクで大きく工数やプロジェクトの予定納期をガントチャートで線引きして、毎回のスプリントレビューでリリース日をプロダクトオーナーが変更調整し続けるということで良いのか?

毎回見える化しているから、逆に楽なのか?作業量は大きくふえそうなきがするが。

 

3点目

マークアップやフロント、バックエンドのメンバーが同時にタスクを着手する場合細かく刻んだタスクを各職種毎に対応すると思うが、大元のタスクをどうやって切っておくのか?

切り方が重要な気がする。実際の運用レベルでのタスク切り分けを知りたい。他本を漁る。

 

鬼速PDCAを読んでる

2018年11冊目

 

最近の効率化の一つとして参考にしている。

PDCAの検証て行われるのは、うまくいかなかった原因に着目しがち。

うまくいった原因も分析し、次も再現性があるかを明確にすることが重要。

 

WIP

完全残業ゼロの I T企業になったら何が起きたかを読んだ

2018年10冊目

 

時間を決め、物事を進める。

今一番自分の中になく、そして自信のない部分。

そうしたいと願っているのではなく、実践してPDCAを回そうと思えた。

 

ステップとして以下を行う

仕事の見える化

仕事をなくす

仕事の自動化

仕事の標準化

 

業務効率を考えるのが自身のプロジェクトゴールなのに、自分自身が効率化できていない。

まずは自分から効率化をはかっていく。

 

引用

みんなが公私共に同じ方向を向くことで組織が上手く機能した時代もあったかもしれません 。しかし 、今は昔に比べて生活が多種多様です 。共働きすら珍しかった時代から 、時代は大きく変化しているのです 。もはや 、ひとつのやり方に絞ろうという方が無理があるのではないでしょうか。

そんな時代に 、会社という組織がどんな形になっていくべきか 、経営者として常に考え続けています 。そして 、いろいろな価値観に対応しやすい 、ライフプランが選びやすい 、そんな形があるべき姿だと思うようになり 、実践に移しています 。

 

広く弱くつながって生きるを読んだ

2018年9冊目

 

違う業界、世代とゆるくつながっていく生き方は参考にしたい。

多拠点生活の本も書いてるので次に読みたい一冊。

価値観として、お金よりつながりや生き方を考えるキッカケになった一冊。

佐々木さんの他の本も読みたい。

 

印象的だったのは、笑顔で手を振りながら離れていくという考え方。一つ一つ衝突しない生き方というのは参考になる。